2020/11/13

【2019】米・食味分析鑑定コンクール金賞受賞農家まとめ!2020年の最終審査は11月28日!

米・食味分析鑑定コンクールとは

米・食味分析鑑定コンクールとは、米・食味鑑定士協会が実施している新米の美味しさを食味鑑定によって競う、世界最大のお米の国際コンクールです。

毎年、秋の新米が出そろう11月頃に開催され、全国各地から美味しいお米がエントリーされています。

今年で22回目を迎える米・食味分析鑑定コンクール。
今年の最終審査は11月28日、静岡県小山町で開催されます。

2019年の金賞受賞米産地一覧

毎年、国内外から多数のお米がエントリーされる米・食味分析鑑定コンクール。

昨年は5100以上の検体がエントリーされ、42検体(=42人の農家さん)が最終審査に進みました。

そしてその中から18検体(18人)が総合部門の金賞に選ばれました。

産地ごとに受賞数をまとめた結果がこちらです!

このような結果に!

岐阜県が最多の受賞数で6人の農家さんが金賞を受賞。
しかも岐阜県の中でも飛騨エリアの農家さんばかりなので私たちも嬉しく誇らしい気持ちです!

総合部門の金賞受賞農家の詳細はこちらです。

群馬県の東吾妻町の農家さんから3人も受賞していたり、お米は寒い地域で育つイメージを持っている方も少なくないかと思うのですが、島根や愛媛といった地域でも美味しいお米が作られています。

会社名/団体名作り手産地米の種類
飛騨高山おいしいお米プロジェクト平瀨 廣之岐阜県高山市コシヒカリ
高山稲作友の会原田 靖岐阜県高山市コシヒカリ
飛騨市うまいお米研究会
(株)和仁農園
平田 昌英岐阜県高山市コシヒカリ
飛騨高山おいしいお米プロジェクト山崎 昌彦岐阜県高山市コシヒカリ
飛騨市うまいお米研究会
(株)みつわ農園
永田 明子岐阜県飛騨市コシヒカリ
馬瀬ひかり生産組合川口 太三岐阜県下呂市コシヒカリ
★あがつま さくや姫生産組合小池 康弘群馬県東吾妻町コシヒカリ
★あがつま さくや姫生産組合佐藤 誠一群馬県東吾妻町コシヒカリ
★あがつま さくや姫生産組合大塚 春夫群馬県東吾妻町コシヒカリ
(株)雪ほたか小林 仁志群馬県川場村コシヒカリ
嬬恋村おいしい米づくり研究会横沢 信雄群馬県嬬恋村ひとめぼれ
ミツワ水稲 匠の会
(有)ささかみやまびこ農産
榎本 清一新潟県阿賀野市コシヒカリBL
関家のこだわり米関 智晴新潟県南魚沼市コシヒカリ
田力本願株式会社梶原 雅嗣愛媛県西予市ひめの凛
奥出雲仁多米(株)
おいしい仁多米をつくる会
島根県奥出雲町コシヒカリ
天栄米栽培研究会内山 正勝福島県天栄村ゆうだい21
山ノ内米研究会小林 貴長野県山ノ内町コシヒカリ
JA木更津市 稲作研究会石﨑 幸弘千葉県木更津市ゆうだい21

2020年の金賞受賞米の候補はどこ?

今年の総エントリー数は4755検体!(=4755人)

その中から、最終審査まで残っているのは43検体(43人)とのことです。

最終審査に残った次点で特別優秀賞の受賞は確定しており、11月28日の最終審査にて審査員による官能審査(実際にお米を食べての審査)が行われ、43検体の中から栄えある金賞受賞米が決まります!

ちなみにこっそり教えてもらったのですが、最終審査に残っている43人の農家さんのうり、飛騨のお米農家さんで選ばれているのは、なんと最多の14人とのこと!

11/24 追記
飛騨から総合で14名が最終審査に選ばれています!
東白川1名、郡上1名で合計岐阜県としては16名。

ちなみに群馬県から5名、長野県から4名、新潟県から3名とのことです。

なんと岐阜県が全県の中でダントツトップ!嬉しい限りです(T_T)

また、飛騨からは他にも

  • 都道府県代表お米選手権:1名
  • 大型農業法人部門:1名(アグリランド)
  • 栽培別部門・・・米の精:1名
  • 栽培別部門・・・若手農業経営者部門:1名(みつわ農園)
  • 栽培別部門・・・低・中アミロース米部門:2名
  • 小学校部門:3校
  • 全国農業高校 お米甲子園:1校

という堂々のノミネート結果となりました。

どの地域のどの農家さんが金賞米を受賞するか、28日の最終審査がとても楽しみですね!

最後に

いわゆる昔から「米どころ」と言われるような地域のお米より、この地域のお米っておいしいんだ!と初めて目にする地域の名前が多かったのではないでしょうか?

年々、変化する天候にどう適応していくかでお米の出来不出来が変わります。

毎年、毎年、お米農家さんはこのコンクールのために本当にたくさん研究され、美味しいお米作りをされています。
従来のイメージだけではなく、こういった毎年実施されるコンクール等の情報をもとにお気に入りのお米を探してみるのはとってもおすすめです!

結果が発表されたら、ぜひ今年の金賞米を食べたいですね!